20代女性でもマイナチュレ育毛剤を使って大丈夫?

若くても薄毛になるのは?

 

現代の女性は、男性と同じく過酷な労働状況やストレス社会に置かれ、昔に比べて薄毛になりやすいと言われています。

 

そもそも、女性の薄毛は男性の薄毛とは原因が異なります。多くの場合、原因として考えられるものは「女性ホルモンの減少」「ストレスによるホルモンバランスの乱れ」「偏った食生活」「睡眠不足」などが挙げられます。

 

女性ホルモンは髪の発毛、さらには発毛後の髪の毛を成長させる力があり、加齢によって分泌量が減少します。更年期以降、薄毛に悩む女性が増えるのは女性ホルモンが急激に減少するせいなのです。

 

若いうちから多大なストレスに晒され、食生活や生活習慣が不規則になると、体は正直に不調を訴えます。体調不良の兆候の一つとして現れるものが、薄毛や抜け毛なのです。

 

育毛剤を使って髪の成長をサポート

  • 最近頭頂部がハゲてきた
  • 薄毛になったかもしれない
  • 頭の一部が極端に薄い

20代の女性でも、上記ような悩みを抱える場合があります。生活習慣を改善し、食事やヘアケアに気を遣っても、人によっては薄毛がなかなか治らない可能性も。

 

そこでオススメしたいものが「育毛剤」です。育毛剤というと中高年の男性が使うものというイメージがありますが、最近では「マイナチュレ」のように、女性の薄毛治療に特化して作られている育毛剤もあります。

 

 

マイナチュレは若い女性のお肌にもやさしい、無添加&天然成分を主成分とした育毛剤です。毎日のシャンプーの後に、キレイになった頭皮に付けて軽く揉み込むだけで、紫外線やホルモンバランスの変化によって乱れてしまった頭皮環境を、健康な毛髪が生えやすいコンディションに整えてくれます。

 

育毛剤をオススメする理由

 

一般的に、顔や体などは入浴後にスキンケアをして保湿を行いますが、頭皮はなぜか手つかずのままという方が多くみられます。

 

「頭は毛に覆われているので、わざわざスキンケアをしなくてもしっとりしているので問題ない」という意見がありますが、実はこれは間違い。

 

頭皮は体の一番上にある皮膚で、紫外線や乾燥した空気にいつも晒されています。そのため、育毛剤で保湿&乾燥予防をしなければ、健康な毛髪が生えにくい頭皮環境が出来あがってしまうのです。

 

また、リンスやコンディショナーをすれば保湿できるというのも間違いです。リンス、コンディショナーは髪の毛に対する保湿やツヤ出しであって、必ずしも頭皮を守るものではありません。つまり、育毛剤こそが頭皮を専門に守ってくれるスキンケアアイテムなのです。

まとめ

化粧水や乳液を頭皮にまんべんなく塗って保湿するという方法もありますが、頭皮は顔とは違って乾燥しやすく、化粧水を付けてもすぐに乾いてしまいます。
反対に乳液はベタベタとして塗りにくく、頭皮に必要な栄養成分を含んでいないため、やはり育毛剤がもっともベストなアイテムと言えるのです。

 

マイナチュレは20代の若い方から、薄毛に悩む更年期以降の女性まで、年齢に関係なく使える心強い育毛剤です。「薄毛女子」という不名誉な称号を賜らないためにも、早いうちに髪と頭皮を大切にしていきましょう。

 

20代からの育毛ケアにオススメ

マイナチュレ育毛剤

90日間返金保証付き

最安値はこちら

↓↓↓