育毛と睡眠でさらに効果的な育毛を目指す

髪と睡眠の関係

 

現代人に多いとされる「睡眠不足」の問題は、お子さんの成長や体の内分泌、ストレスレベルの低下などといった重要な機能に深刻なダメージを与える可能性があるとして、近年薄毛や抜け毛への治療にも見直されはじめています。

 

髪の毛や頭皮は、ふだん生活しているとたくさんのダメージを受けています。外に出れば太陽からの紫外線や風、公害物質やカゼ、ホコリ、温度や湿度などの影響も受け、どれをとっても髪の成長には良くありません。

 

しかし唯一、髪と頭皮が受けたダメージを軽減してくれるものが夜中の睡眠なのです。本記事では、髪と睡眠における関係と、どのような仕組みで健康的な髪が生えてくるのかについて考えて行きたいと思います。

 

人間の体はそもそも、たっぷりと熟睡することで体の疲れを取り除いてストレスや不安をリセットし成長ホルモンというホルモンの一種を分泌して、髪は肌などを再生させています。いわゆる新陳代謝のことですが、これは睡眠によって自然と改善効果が望めるものなのです。

 

成長ホルモンが分泌されると、髪をはじめとする体の組織の至るところに届き、元に戻すための修復を行います。

 

特に眠りはじめの午後10時頃から、熟睡中の午前2時くらいまでは成長ホルモンがもっとも活発になる時間です。ここでしっかり寝ておくことで、毛母細胞が活発になり、毛根に届いた栄養成分を使って、健康な髪の毛を生成し始めます。

 

成長ホルモンには髪の毛が受けたダメージを元の状態に治す機能もあるので、睡眠不足になると逆に髪の毛がガサガサになる問題もあります。寝ない事で肌荒れを起こすのと同じく、寝ないと頭皮や髪の毛の状態にも悪影響が出てくる可能性があるのです。

 

お顔の皮膚は常にターンオーバーを繰り返して新しいものに入れ替わっていますが、これは頭皮も同じです。つまり、新陳代謝を促進しなければ、顔同様に頭皮の環境も悪化してしまうという事なのです。

 

ちなみに、眠る前にテンションを上げるような行動を取る(音楽を聴く、テレビを観るなど)と、体は眠ろうとしていても、モニタの光で脳に刺激を受けることによって、反対に目覚めさせてしまいます。脳が「目覚めなさい」と信号を送るため、いくら頑張って眠ろうと試みても寝付けず、熟睡もしにくくなるという弊害があります。

 

睡眠不足は美しく健康的な発毛を邪魔する悪い生活習慣であり、心と体に溜まったストレスをケアするためにも、しっかりと睡眠をとることで体のバランスを保つようにしてください。必死で育毛剤を塗ったり、頭皮マッサージを行うよりも、まずは毎日の規則的な生活が正しい育毛方法であることを念頭に置いてみてください。

 

睡眠を取りつつ育毛も初めてみる

規則正しい生活習慣が身に付いたら、徐々に育毛剤や育毛製品を使っていきましょう。毎日の洗髪後に使える育毛剤や育毛ローションは、一日に1回程度の使用でOKなので使い勝手の良いスキンケアアイテムです。

 

育毛剤は頭皮の環境を、髪の毛が生えやすい状態に整えてくれるものです。化粧水を頭にふりかけてもすぐに空気や太陽光に晒されて乾いてしまいますが、育毛剤なら発毛に最適なレベルまで保湿が行えます。